罪の記憶

子どもたちが泣き叫んでも、男たちは恫喝を止めない。その理由とは──

紬希

6分 (3,336文字)

4 184

あらすじ

子どもたちが泣き叫んでも、男たちは恫喝を止めない。その理由とは── 妄想コンテスト『あなたを選んだ理由』への参加作品です。

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません