幻の夜

死ぬ前に、彼は「流星群を見た」と言った。

千國響香

14分 (7,894文字)
アルバン・ヘルツ警部シリーズ4作目です。

25 605

あらすじ

1889年、3月。ケルントナー通りの老舗の宝石店が白昼堂々強盗に遭った。事件発生から一週間経つのに手がかりも宝石も見つからず、ウィーン警察は大騒ぎ。 そんなある日、1人の浮浪者が遺体で見つかった。その

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る