灰色の空に

超・妄想『やまない雨』ぎりぎり飛び入り作品。雨降りしきる山に住む妖怪のお話。

ともなり

11分 (6,467文字)
もっと盛り上げたかった…orz

9 530

あらすじ

その山の山頂には常に霧がかかり、雨が降り続けている。 足を踏み入れた老人は妖怪に出会う。

感想・レビュー 1

一途すぎる想い(ネタバレあります)

昔語り風の始まりに、期待感が高まる。 容赦なく頭から降り続ける止まぬ雨の山を、僕らは彷徨い 物語と共に、この不思議な怪異に答えを見つけるのだ。 なんて一途で、何と深い愛だろう。 その大きな愛に、暫く

この作者の作品

もっと見る