特集

こちら歴史の清め屋です。-明治浪漫譚-

新米記者の杉本沙夜には幼い頃から付喪神のつき子さんがいた。

莉瑠

1時間25分 (50,917文字)
こちらも初の挑戦の歴史モノなので、至らない点が多々あると思います。

121 188

あらすじ

2020.06.29 執筆開始 2020.07.27 完結 ひょんなことから明治時代にタイムスリップした杉本沙夜とつき子さんの歴史浪漫譚。

感想・レビュー 2

無駄の無い文章、本当に好きです

昨日は丁寧なメンションありがとうございました。 大変素敵な作品だったので、勝手ながらレビュー失礼致します。 まず、無駄の無い文章がとても読みやすく、気付けば最後まで読んでいました。 ”入りの掴み”に
2件1件

おもしろい

わくわくしながら拝読させていただきました。もちろん第2段があるんですよね。楽しみに待ってます✌️😄
1件

この作者の作品

もっと見る