巨星墜つ

その運命を恐れていた。

砂たこ

13分 (7,784文字)
この話は、超妄想コン「星降る夜に」に応募しています。よろしくお願いします。

18 323

あらすじ

天の星と、人の命が対応する世界。 人が1人生まれると、星も1つ生まれる。 人が1人亡くなると、星も1つ流れて消える。 その夜、偉大な王の星が、天を切り裂くように北の果てに流れて消えた――。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る