夜空の下。僕は幸せを願って、星を見た。

願い星様、お願いです。願いを叶えてください。

幻中 飽那

3分 (1,454文字)
コンテスト応募作品です。ジャンル内日間ランキング:最高2位 ありがとうございます。m(__)m

16 364

あらすじ

星に願い事をすると、その人にしか見えない星が流れるときがある。 それはお星さまからの、願い事を受理したという合図。 僕は街を一望できる高台から、願い事をした。 願いは受理されて、その時が来るのをじっと

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

星への願いごと

"僕"は冷たさの中で星に願いが叶えられた時、初めて暖かくなれたのだと。ノスタルジックになりますね。
1件1件

引き込まれる内容でした。

儚い話ですね。読んでるうち願い事の内容が段々と察せるのがいいです。
1件1件

この作者の作品

もっと見る