往く道の果て

古代エジプト、第二中間期という未曽有の混乱期――かつて神だったという黒犬は、「失った名を取り戻して欲しい」と言った。

間戸 空

5時間53分 (211,687文字)
犬の神様がモフりたかったので書きました。歴史記録がほとんどない時代の歴史ファンタジー。

11 14

あらすじ

紀元前1650年頃、第13王朝末期。ナイル上流に首都を置く王朝は南北の領土を失い、国土は分裂の過程にあった。 閉塞感漂うウアセトの都に暮らす大臣の息子ラーネフェルは、自らの名を失った黒い犬と出会う。か

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません