近くて遠い街

平成最後の夏。来年は、元号と一緒に何かが変わるのかもしれない。

梔子花

16分 (9,382文字)
一昨年書いたものです。まさか2年後、本当に故郷が「近くて遠い街」になってしまうなんて……。

0 2

あらすじ

平成三十年、夏。 理(おさむ)は数年ぶりに故郷の街を訪れた。帰ろうと思えばいつでも帰れるその街に数年もの間帰ってこなかったのには、訳があった。 変わっていく家族の形を描いたヒューマンドラマ。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品