うつろな果実

血の繋がらない元親子の、複雑な恋。

硯羽未

2時間25分 (86,478文字)
お読みいただければ幸いです。完結ですが、続きを考えているところです。

19 145

あらすじ

今年大学生になった小野田珠雨は、古民家カフェでバイトしながら居候している。カフェの店主、浅見禅一は現実の色恋は不得手だという草食系の男だ。 ある日母がやってきて、珠雨は忘れていた過去を思い出す。子供の

シリーズタグ

感想・レビュー 2

自分の当たり前は、他人にとって当たり前ではないという事。

【物語は】 主人公は大学の授業を終え小雨の中、バイト先であり居候先となっているカフェに、徒歩で向かっていた。バスでなら5分の道のりを歩いたせいか、目的地につくころには濡れてしまっていたようである。カフ
1件2件

それぞれの幸せのカタチを考えさせられました。

どのキャラクターも作者様にしか書けない魅力的な個性に溢れていて非常に感心しました。トランスジェンダーという重めの題材を扱っていながらも内容は前向きであり、他人や世間により自分の価値観を曲げる必要はない
2件