特集

あやかしの茶会は月下の庭で

十年前に交わしたある約束が、その後の少女の運命を変えた。

深山ナズナ@低浮上

1時間20分 (47,614文字)

89 660

あらすじ

「欠けた月をそう長く見つめるのは飽きないかい?」  部活で帰宅が遅くなった日、ミステリアスなクラスメート、香山景にそう話しかけられた柚月。それ以来、なぜか彼女の目には人ならざるものが見えるようになって

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品