黄昏をもう少しだけ

コンビニで働くアラフォー主婦の恋愛話。妄想コンテスト「昼と夜の間」優秀作品。

柳成人(やなぎなるひと)

恋愛 完結
14分 (7,996文字)

21 254

あらすじ

私が勤務を終える時、入れ違いに彼は出社する。 「店員さん」でも「お母さん」でもなく、彼だけが私を名前で呼んでくれる。 昼のシフトと夜のシフトが入れ代わるほんの短い間に交わされる二人だけの秘密の関係。

タグ

感想・レビュー 1

リアルティある残酷さに肌が粟立ちます…

正直、今まで当サイトの中で読んだ小説の中で(まだ日が浅いので僅かしか読めていませんが)一番怖かったです。女という存在に立ち戻った幸せ、そこから引き返せなくなりさらなる悲劇を予感させるラスト、一度関係を
ネタバレあり
1件

この作者の作品

もっと見る