黄昏虫がやってくる

光と闇の間、空白の時間

凛太朗

6分 (3,525文字)

16 1,107

あらすじ

黄昏時、日が沈み闇が訪れる一時前。空白の時間。昼も夜もいるようでいない僅かな間。 黄昏時 僕は見る 君の姿を 僕は聞く 君の声を 僕は感じる 君の心を――。

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品