受賞
お山の妖

ヒトクイ

別れ話を切り出すのが面倒な私はふと思ってしまう。“いっそあいつ、死んじゃえばいいのに”と。

凉白ゆきの

ホラー 完結
14分 (7,999文字)

31 1,045

あらすじ

都会の雑踏の中に潜む妖。いつの間にか彼らはあなたの後ろにいるかもしれない。 以前投稿した「お祭り」の数百年後のお話。 https://estar.jp/novels/25666991

シリーズタグ

感想・レビュー 1

怖ろしい・・

短いストーリーながら本当に楽しく最後までノンストップで読ませて頂きました。 結局、最も怖ろしいものはヒトクイなる怪物ではなく人間のその時その時の感情のように私には思えました。 自分を最も大切に思って
ネタバレあり
1件1件

この作者の作品

もっと見る