逢魔が館で過ごす夕暮れの素敵な時間

人と、人ではない者達の時間が混ざり合う逢魔が時。そんな時間にちょっと一杯お茶していきませんか?

月城咲耶季

5分 (2,427文字)
逢魔が時にだけ営業しているおかしなお店のお話。妄想コンテスト「昼と夜の間」参加作品です。

2 5

あらすじ

 お化けが接客をしてくれると若者の間で話題になっている喫茶店『黄昏喫茶 逢魔が館』。営業時間は午後五時から午後六時半まで。  学生の「僕」は逢魔が館の常連客である。いつものメニューを味わいながら学業の

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

すてきなお話ですね

主人公の男の子は吸血鬼さんですね。喫茶店の店長さんも吸血鬼ですよね?コスプレかなぁ?本物だといいなぁ~。続編読みたいけど、やっぱりこのままのほうがいいかな? すてきなお話ありがとうございました!
ネタバレあり
1件1件