着飾ったマネキン

シャッター商店街の真ん中で、マネキンは落としものを身に着けていく。

布原夏芽

14分 (7,901文字)
落としものを見つけてくれるひとが、もしそこにいたならば。

6 114

あらすじ

母が残した昭和の香り漂う洋品店で、時代遅れの婦人服に囲まれて生きる店主の樺沢真紀子。 野球という人生の目標を見失ってから、離婚にビール腹と人生下り坂の宮原祐介。 届けるほどでもない落としものと、絶対に

感想・レビュー 1

展開が上手です。

心理描写などでしっかりと読者を引き込み、男と店主が会話をするきっかけなど上手く説明をしてますね。 冒頭から落ちを意識した展開のしかたは、私が書いた「あの日」ににてると思いました。
1件1件

この作者の作品

もっと見る