置き去りの赤子たち

その神社には、神がいない。

灰羽アリス

14分 (7,994文字)
ほんのり温かい気持ちを味わってくだされば幸いです。

3 9

あらすじ

朽ち果てた神社に、ある日赤子が捨てられた。母は願う。「神様、どうかこの子を───」見つけたのは社を守る神使いの男だった。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る