金木犀が香るとき

小説家として自然豊かな田舎に1人で暮らし、それなりに自分の生活に満足しているが逃げた過去に負い目感じていていた。

ふう

10分 (5,606文字)

5 87

あらすじ

長閑な田舎に住む小説家の女性。 日々の中で接するのは自然や愛猫だけ。 そんな彼女は大学生の頃にうつになり、実家とは疎遠になっている。 この生活を気に入りながらも、どこかでくすぶった感情があった

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません