遠吠え

世界から取り残されていく様な孤独な朝

斉藤 朔久

10分 (5,431文字)

14 918

あらすじ

大学生の弟が、一人暮らしをしている「私」の元へ突然やってきた。 大人になるにつれて疎遠になっていた弟と「私」の微妙な関係。 働いて一人で暮らしていくことに精一杯で、心がカラカラに乾いていた「私」は

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません