特集

僕が埼玉を愛していた頃

お好み焼き屋に突入しないでください。

土屋 広夢

現代ファンタジー 完結 過激表現
1時間50分 (65,897文字)

5 22

あらすじ

仕事を続けるのって大変よねって、美園は言った。その言葉はまるで、宇宙の風とともに地上に運ばれてくる夜空の星々の光のようだった。僕は言った。本当だねって。そうだ。大変だ。それはまるで、夏の新月の夜のよう

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品