明日にさよならを告げる僕らの恋が罪へと変わる前に

僕は生きたかった。桜の木の下で笑う君の隣で、ただただ生きたかった。

夜中真昼

青春 完結
2時間54分 (104,079文字)
※所々、霊的な描写が出てきますので苦手な方はご注意ください。

16 216

あらすじ

 生まれつき心臓が弱く、希望を失っていた幼き日の獅子に生きる希望を与えてくれたかつての友人、桜花。 「私ね、霊が視えんの」  転校先の高校で再会した彼女は、すっかり変わってしまっていた。  獅子はもう

感想・レビュー 1

晴れ、時々曇り、のち雨、所によっては雷雨・・だが今夜は晴れそうだ。

「その手紙見せてもらうことって出来ますか・・」ここで私の涙腺はボロボロになりました。爽やかな交流のなかにもワクワク、ドキドキと右手に握られたマウスは休むことを忘れたように、パッドの上を動き回りました。
1件1件

この作者の作品

その他情報

公開日 2021/3/16