半陰陽 −骨肉−

大正時代。名家の後継として連れ戻された周(あまね)は、かつて暮らした蔵の中で奇妙な男と出会いーー。

小花衣ゆり

16分 (9,093文字)

13 591

あらすじ

名家の長男に生まれながら、不遇な生い立ちから里子に出されていた周は、ひょんなことから生家の跡取りとして引き戻される。 しかし住居として与えられたのはみすぼらしい蔵であった。 因縁の蔵の中には、死神さな

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません