この恋が百年の眠りでもかまわない

切なく甘く、おぼろげに

あくりる商店街

恋愛 連載中 過激表現
6時間3分 (217,691文字)
ねえ、わたし、心が千切れそうになってもまだ生きているよ

131 2,131

あらすじ

結婚式に男が走りこんできた! 「行くな、彩綾!」 記憶はない。 けれどもおそらく、わたしの交際相手、鳴海航。 しかし、わたしは別の手を取る。 死神のような婚約者、灘湊一郎。 だが……。 わ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る