足跡売り

あなたの〈足跡〉、〈付け直し〉しませんか?

月町さおり

ホラー 完結
13分 (7,312文字)

5 31

あらすじ

新聞社に勤める氷雨正吾(ひさめしょうご)は仕事の帰り道、奇妙な足跡がついていることに気がついた。好奇心で跡を辿ると、その先にはある男がいた。男は〈足跡売り〉だと名乗った。 〈足跡売り〉とは何者なのか─

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る