白い砂浜、黒いゴミ、キミとワタシと暖炉とスープ

その日、ワタシはキミになった。

詩一

11分 (6,089文字)
緩い、童話のような絵本のような雰囲気を味わいたい方にお薦めします。

2 25

あらすじ

二人称小説です。 只管自分の創作に対する姿勢や熱を、エンターテインメント性や芸術性に囚われず、そのまま文章化しました。 最後までお付き合いいただければ幸いです。

感想・レビュー 1

この不思議な世界を感じて欲しいと切に願う

エッシャーという画家をご存知だろうか? 彼の描くものはどこまでも落ちていく水だったり、魚がいつの間にか鳥になっていたり、どこまでも上がっていく階段だったり、逆に下りていく階段だったり…… その不思議な
1件1件

この作者の作品

その他情報

公開日 2021/2/9