夜が消えた日

超新星爆発によって「夜」が消えた世界。二人の少年と一人の少女は、二度と戻らない日々を駆け抜ける。

藤 夏燦

青春 完結
2時間50分 (101,779文字)

22 909

あらすじ

僕が数学の参考書を解いていたとき、遠くで古い星が燃えて、世界から夜が消えた。 それはいわゆる「超新星爆発」という現象だった。 宇宙が起こした壮大な奇跡。僕は永遠に眠り続ける女友達【雨野コハク】が目覚

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません