受賞

夕立のたびに君を思い出す

青春はリグレットだらけ

ritoa

青春 完結
14分 (7,996文字)
妄コン第154回「夕立」で佳作をいただきました。ありがとうございます。

35 619

あらすじ

鶴屋朝香はバスケ部のキャプテン。 厳しい練習スタイルで部を引っ張り、弱小部を県大会上位まで押し上げてきた。 しかし、なかなか後輩たちの弛んだ雰囲気を改善できず、怒る場面も多かった。 そんなある夏の日、

タグ

感想・レビュー 1

青春は後悔だらけ。でも。

一方で、それは出会いと成長の軌跡でもあって。 変わらない私が(自分の意志で)変わる可能性が生まれたんだとしたら、二人を結んだ夕立がたとえ後悔を残したにしても、後悔以上の意味があったんじゃないのかな。
ネタバレあり