雨乞いの季節

南アフリカのどこか。旱魃の年。祈祷師となった少女が空と大地をつなぎ、奇跡を起こす。

tetsuya@レストア中

10分 (5,737文字)
恵みも災いも、みな空から来た。

8 255

あらすじ

二年越しの旱魃にその国の人々は飢え、渇いていた。12歳の少女ティトリは、王たちの思惑によって雨乞いの祭壇の前に立たされた。少女が祈ると、見事に雨が降った。ティトリは、類まれな才能をもった祈禱師であった

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません