カイル達は試されていた。

惑星トリオット星人が訪れるようになってから、飛躍的な発展を遂げた地球。ある日、彼等が巨大な卵を地球に置き忘れていき……。

はじめアキラ@ホラー文庫『数鬼』発売中

SF 完結
9分 (5,039文字)
宇宙人系のSFって考えるのとっても楽しくて好きなんですよね。

1 1

あらすじ

「この間来た、トリオット星の方々の忘れ物、ですよね?」  地球にトリオット星人が訪れるようになってから、飛躍的に科学秘術は進歩した。  彼等の技術を使って、地球の食糧問題や環境問題が劇的に改善されて

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません