記憶の階段

2011年3月11日東日本大震災。私はその日、第1原子力発電所のある故郷にいた。詳しくは【それでも私はまだ失う】をどうぞ

うた子

23分 (13,337文字)
いつまでも悲しいけれど、私は今、笑えている。幸せだと思う。たくさんの支えや助けがあったこと。傷つくばかりじゃなかったこと

43 206

あらすじ

 東日本大震災と、原発事故に関する文章を、久しぶりに書こうと思いました。  きっかけになった作品がありますので、ご紹介をさせて下さい。 TinA TacA様の書かれた、こちらの作品になります。   

タグ

感想・レビュー 1

何とお声掛けしたらよいか迷いますが

この本を読ませて頂き如何にうた子さんが大変な思いをして、それでも尚前向きに優しい心で過ごされてきたのか。を痛感いたしました。 それと同時に如何に自分の抱えている問題など矮小で詰まらないものだとも気づか
1件1件