短歌三 風の音にぞおどろかれぬる

表紙画像と掲載画像は Pixabayのフリー画像です。

牧太 十里(公開作品リフォーム中)

2分 (1,051文字)

9 251

あらすじ

「短歌とは」  短歌とは、和歌の歌体の一つで、五・七・五・七・七の五句体で構成される短い詩のことです。  短歌は、平安時代から詠まれてきましたが、短歌という呼び方が定着したのは明治時代以降です。

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません