鳥見役人 始末屋石田光成③

みつなりは、浪人の動きのさらに先を読んでいた。これが父の話していた、先の先か・・・。あたしの旦那様は凄い人なんだ・・・。

牧太 十里(公開作品リフォーム中)

48分 (28,541文字)

9 103

あらすじ

 放蕩を重ねる越前松平家家臣の加藤貞蔵、三十日の押込みの刑(自宅軟禁、外出禁止)になった。  男は刺客依頼に始末屋石田を訪るが断わられる。石田はこの事を日野唐十郎の伯父日野徳三郎と日野唐十郎の妻あか

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません