拐かし 始末屋石田光成④

武芸の心得がある小夜は、打刀と脇差を帯びても、ふらつきませんね。石田は小夜の腰を撫でた。

牧太 十里(公開作品リフォーム中)

33分 (19,397文字)

12 127

あらすじ

 喜助とお京の夫婦が仙台から江戸へ出た。夫婦は千住大橋南詰め中村町の、飯屋も営んでいる旅篭中村屋に逗留した。中村屋の飯屋で昼飯を食していると、筋向かいの口入れ屋青葉屋の番頭の吉二が飯屋に来て、奉公先を

タグ

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません