カネナルリラ

好きなページからどうぞ 出会えて嬉しいです

二宮敦人

46分 (27,251文字)

2.1万 1,088

あらすじ

僕は生まれる前から僕だった 死んだあとも僕だろう 僕は僕の濃度を高めようとして生きている 太陽だって水素が集まって熱く燃えているのだ 僕は僕という粒子をかき集めて 明日はまた より僕に近づくだ

タグ

感想・レビュー 1

書籍化してほしいなぁ。十分買う価値のある言葉だと思う。@さんの考えに触れられることに幸福感をおぼえる。書籍にするなら書きなぐった感を洗練させる必要があるけど、私はこの書きなぐった感が、ダイレクトに響い
1件

この作者の作品