竜の見る夏夢

戦国BASARAの小政です微BL的要素が入ってます

漣鈴

4分 (2,186文字)

74 3

あらすじ

ある日政宗は花火が見たいと言い出した。が、もうどこの花火大会も終了しており花火が見れるような場はなかった。 仕方なく小十郎が夜に手持ちの花火を一緒にすることになった。 「貴方の気が済むなら、いくらで

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品