真夜中怪電波ラジオ

真夜中の自室で。ラジオから不思議な歌声がきこえてきたんだ。

二屋

青春 完結
56分 (33,044文字)

174 56

あらすじ

 真夜中、部屋でいつものようにラジオを聴いていたら、不思議な歌が流れてきた。  透き通った高い声。どこか懐かしいような、もしくは寂しいような。  思わず聴き入った、それがはじまりだったんだ。

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る