逢瀬、萌ゆる花の側で

貴方のために咲きましょう――そして、貴方のためだけに散りましょう。

エリンギ

1時間4分 (38,396文字)

570 41

あらすじ

織田信長の寵愛を一身に受け、織田信長に仕えた続けた、小姓――森蘭丸。 二十歳を迎えられなかった彼が歩んだ、その道。 ―― 蝶が問う。 「何を、望むの?」 「それは、主の側に居る、ことです

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品