夜景の街物語

クリスマスイブが誕生日の私…そして夜景の街での静かな恋愛物語

9,150 2,915

恋愛 完結
4時間14分 (152,359文字)

あらすじ

私は桐渕たか子。 アロマショップの店員。 クリスマスイブだというのにとうとう30才を迎え、人生というモノを感じ始めた。 だけど、それと同時にいろいろな転機が訪れ、更に私の前に気になる二人の男性が

感想・レビュー 5

こんにちは、 読み進めて気付きました。 以前読んだ事ある( ゜o゜)。。。うっかり、、、 でも、少し忘れているところがあったので、じっくり読みました。 爽やかな、ハッピーエンドでした。
読み応えがあります。 このくらいのページ数だと一気に読んでしまいますが、この小説はちょっとずつ味わって読んでいます。 ページを進めるのが楽しみです。
まだ読み始めたばかりですが丁寧な情景描写にぐいぐい引き込まれていきます。そして何よりこのお話の舞台が私の地元ではないかと勝手に想像しながら小説の中の坂の街を歩いています。
もっと見る

その他情報

公開日 2008/3/16

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る