たらちねの

あたしは母親になることが怖かった…。時は明治。故郷は戦争で焦土と化していた。

明歌里

21分 (12,256文字)

53 8

あらすじ

かあさま、…… ──会いたい。 血で血を洗う動乱の幕末を 新選組と共に駆け抜けた 会津の元女中・サクラの中には 新しい命が宿っていた。 「あたしは恨むよ──…… 新しい時代を」 恨

シリーズタグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品