時流の重荷故に

和風幽霊奇談(?)。霊的な要素の強い土地で主人公が体験する不思議な奇談

234 23

概要・あらすじ

作者: 雁亞
6時間33分 (235,304文字)
ある少年が言った 「時の流れほど残酷なものはない」と その少年は言う 「だからといって時間や歴史を変えてはいけない」と 2009年01月28日・完結。 でもあとがきは続けます♪ メモ 後書き工

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2008/4/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る