儚い仔猫

雨の中で拾った彼女は記憶と声を失っていた・・・

雨宮瞳

恋愛 休載中
5分 (2,877文字)

8 0

あらすじ

 ある雨の日、エリック・メラドーニは桃の木の上で一人の女性を見つけ保護した。だがその女性には何らかのショックで『声』と『記憶』を失っていた。 「行くところがないなら家へおいで」  そして、

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2008/5/7