自己紹介

『作者を知るには作品を読むのがいちばん』と心得ております。 そのため、常日頃から多くは語りません。 読者のみなさんに対する感謝の念は、作品を書くことによって、お届けいたします。