自己紹介

 大切なものを守ろうとする毎に疎かになる自分に危機感を覚え、再び書き始めました。  某社主催のライトノベル系コンテストで、何度か最終選考に残ったことがあります。  気楽にのびのびと書き進めて行けたらと