この作品は非公開になりました

宮本摩月

ショートショートのお手本

意外なオチでありながら、そのオチがストンと腑に落ちるところが素晴らしいです。 星新一の良作レベルのショートショートに匹敵すると思います。
1件
宮本摩月
こたつの中の忍者の存在についてのロジカルな展開が面白い。
宮本摩月
飛躍の順番としては、 「店員が友達」 「あなたが○○人目のお客さまです」 「先客の強盗がいた」 だと思います。 最初に一番秀逸なネタを出してしまったのがちょっと惜しいと思いました。 あ、祝杯はナイ
ネタバレあり
宮本摩月
曖昧な記憶ですが、子供の頃麦茶と麺つゆ間違えたことがあるような。
宮本摩月
匂いは発してる本人は平気だったりしますからね。 これ以上魔法少女が増えると、魔法少女キャンディ鮒寿司とか、魔法少女キャンディくさやとかも出てくるんでしょうね。
ネタバレあり
宮本摩月
ラブパワーステッキの使い方、二つを合わせて新しい技が出来るっていうアイデア素晴らしいです。 「チョコとアーモンド」「ハニーとレモン」みたいな相性のいい組み合わせだとパワーが倍増しそうみたいなことを考え
ネタバレあり
1件
宮本摩月
タイトルに惹かれて読みました。期待を裏切らない楽しい展開と心地いい読後感。 遊び心と、甘すぎない、微糖な感じがいいですね。
宮本摩月
淡々とした地の文で笑わせるテクニックはさすが。 バネ氏がこのシリーズで以前使っておられましたが、缶コーヒーの宇宙人の決め台詞「この惑星の??は??」を繰り返しネタ的に組み込んだら更に面白かったかも?
宮本摩月
部長の変身シーン笑えました。部長、人には「ピルピルゲロゲロ…アルツハイマー」みたいな呪文を押し付けといて、自分の呪文はそこそこマトモってズルイですよね。 この部長はなかなかいいキャラなので、「魔法おじ
ネタバレあり
宮本摩月
文化祭テーマで私も考えておりましたが、「魔法学校の文化祭」程度の凡庸な発想しか浮かばなかったので、このような切り口があったのかと発想の鋭さに驚かされました。 ギャグ小説としても読めるし、シリアスな小説
1件