線の存在感

いつもながら、キャラだけでなく全体の雰囲気が主張するイラスト。 なんか知らずと気持ちがキュッとする。ユニークでポップなんだけど、ダークな感じ。いいっすね。(あくまでも、個人的な意見です。)

目線が

もー、目線と舌がイヤらしいです。でも、カラフルな色合いのせいか、ホラー感はなくポップな感じがしました。 個性的で一枚の画風の中にめちゃキャラ立ってますね。

コレがラフ画?

美しく完成された絵じゃないですか?桜の花びらも、余白さえも彼女を浮かび上がらせてます。そのバランスの良さ、そして色彩を変えた目に見つめられてるような気がして、こっちの方が照れてしまう可愛さがある。

黄金色の輝き

その美しい輝きに少女の振り向いた表情が浮かび上がっている。何を言いたいのか?それとも何か聞かれたのだろうか? Giovanniさんの描く人物は美しいグラデーションに包まれなが、いつも言い知れない言葉が

おやすみなさい

寝顔を見つめて、添い寝したい。もちろん、何もしませんよ。笑

煌めきの彼方へ

光の輝きの印象が強くて、それぞれのキャラクターが海を歩いてその彼方へ行ってしまうのではないかと想像させる。 メンバー全員が違う方向性があるように見えて、実は同じ目標を持っている。光と影でキャラを立てる

行くよ!

僕はすぐに君を助けに飛び込みました。でも君はもう光の泡の中に消えてしまったのですね。ああ〜、水中から空に向かって手を伸ばす少女のリアル感。 そりゃこの熱帯夜に夢見る男子なら、誰でも飛び込みますよー。

ラストシーン

プロローグの異様なキャラクターの登場から、ラストシーンまでミステリアスの要素も含んで一気に読ませます。 特に暗い少女が恋や友情で変わっていき、素晴らしいラストシーンを迎えるのが感動的でした。是非最後ま

願い

ジーケンの超然的な雰囲気から、このマリア・ソロバージョンの願いを感じる表紙絵。 この物語は二人の、神的で女神的な雰囲気があってこそのストーリーになっているので、その印象的な人物を見事に描いていただき

良いよーん

ガラスに映る対比と光の反射具合が絶妙やん。 コーヒーカップもミルクとブラック。ディテールまで凝ってるやん。好きやわ〜。

願いのあるテーマ

冒頭から印象的な事件があり、普通の生活にも恐怖が潜んでいることを上手く描いている。 子どもと母親のエピソード、生活感を感じさせる文章がとても良かったです。 ラストもスリリングでほっとする母親の感情が

グレートーンの別れ

グレースケールを生かしたイラスト。それは何処に分かれ目(別離)があるのか?微妙だが、大胆なタッチでそれを告げているようだ。 そして今回も、構図には驚かされた。もう少しだけ、まだ離さないで〜。色ムラな

言葉で描く彩り

心の流れとか、思いとか、さらりと描くのが上手い作家なんですよね。 以前からそう思ってたけど、この作品でもその才能を発揮しています。 読み終えた時、印象的な色が心の中に残る。素敵な短編ですね。

眼差しに感じる

哀しみを帯びた表情をお願いしたところ、Giovanniさまが印象的な人物ジーケンを見事に描いてくれました。 眼差しだけではなく、細部へのこだわり。そして色合い。この雰囲気を出せるなんて凄いです。ありが

ラストまで読むべき

文章はいい意味で読み易かったです。リズム感があって、そのシーンでの出来事と思いが素直に描けていると感じました。特にラストのイラストとメッセージが楽しくて笑えますね。 全体的には体験談という事もあり、

色彩の妙

ダンスをしている者を背景にして、主人公の二人が浮かび上がっている。色合いの調和のせいなのか、哀しくもあり温かみを感じてしまう。 このまま永遠に踊らせてあげたい。そんな色彩のマジックをまかろんKさんは使

構図の迫力

うーん、いつもながら流石である。どこまでまかろんKさんが計算してやってるのか分からないが、鳥の配置とか人物の手の出し方が見事な迫力を出している。 しかもこの作画量は尋常でない。作家たちがいつか描いても

ポップ

こんなポップでハッピーな人魚がいただろうか?まかろんKさんのバリエーションの多さには驚かされるばかりである。

言葉が降り積もる

その悲しみを経験したからなのだろうか、文章の一つ一つがシンプルに心に突き刺さってくる。 あれから想いが降り積もり、作者はそれを言葉にして深々と踏みしめているようだ。素晴らしい作品でした。

音が鳴る

二人の寄り添う音楽が聞こえそうなイラスト。いつもながらまかろんKさんは素晴らしいひと時を切り取ります。 作者のイメージを超えて形にする。うーむ、流石です。

表情のセンス

うーん、この憂いと哀しみの表情がたまらない。こんなの表紙にして恋愛もの書いてみたいと思ってしまった。 この絵描きさんのセンスたるや。余り物でもいいので、なんかください。(笑)

ユニーク

小さな神さまと姫のやり取りが面白く、時代背景も含めてほんわりとしたエピソードが心を癒す。 しっかりとした文章はそれぞれのキャラクターを見事に描き分け、読み終えると和の余韻を感じます。 是非ともこのユニ

リアル感満載

素晴らしい描写力で読ませる。ストーリーはシンプルでも心情は複雑である。それを見事に書ききっているではないか。 医学的な知識は勉強したのだろうか?とにかくそれも自然と文字に込められている。改めてこの作家

本にて

「5分後に誰も死なない涙のラスト」に掲載され、本を購入して読ませていただきました。(しかしすぐに死なせてしまう僕としては頭の痛いタイトルです。) 飛鳥さまの文章のリズム感が前から好きで、この作品もさら

味の香るキャラ

ステキですね。まかろんKさまの紹介を見てお邪魔したのですが、個性的な画風ですぐにファンになりました。

イメージの構築

この物語で書こうと思っていた、ゴッドメタル(AI)と人間の同期。 なんかそれをまかろんさんが作家さんに合わせてやってくれた気がする。 素晴らしい構図。イメージ溢れたイラスト。ありがとうございました。
頑張ってますねー。どの本も素敵そうで、興味が湧きました。 やり甲斐もあって、楽しそうです。 素晴らしい。ロゴも屋号も目立つ! (もちろん、カッコ良くてですよ。) 今後の進展を楽しみにしています。

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

※このコメントはネタバレを含みます

もっと見る