このページのリンクアドレス

エブリスタ

この作品は半年以上更新されていません。

ワケあり彼女と秘密の約束

小説 ライトノベル

ワケあり彼女と秘密の約束

☆煌月星★

(13)

彼女と俺の高校三年間だけの秘密の約束の物語り…

休載中

114ページ

更新:2016/11/28

説明


2014/11/21の特集『ラノベ人気作』に
掲載されました!

[リンク]←嬉しい( 〃▽〃)


如月 葵(キサラギアオイ)15歳。

生まれて物心ついた時からバスケを愛した少年は成長し中学では全国大会に出場するまでにバスケが上手くなり過ぎていた。

そして中学も卒業し新たに今度は高校で全国を目指す為に張り切っていた所に…

「私の彼氏になりなさい!って言ってるのよ!」

高校入学前日に俺にいきなり訳の解らない事を言い出し俺の前に立っていた美少女。

「はっ?」

訳が解らず戸惑う俺に、その美少女は構わず話し続ける。

そして俺は不覚にも彼女の放つ可愛さに心が揺れ…その彼女こと星宮 彩萌(ホシミヤ アヤメ)の彼氏になってしまう。

しかし彼女は、とんでもない金持ちのお嬢様で我が儘で自己中。それから勝手に色々決められ…もう訳が解らない!

「先生…俺はただバスケがしたいだけ何です!」とか何かの漫画の台詞に似た事を心の中で叫びたい!

そんな俺とワケあり彼女の三年間のお話しです。

※これはジャンルはラノベにしましたが学園ラブコメディです。

バスケの試合も多々あります(>_< )

皆様の温かい目で読んであげて下さいませm(_ _)m

レビューや栞挟んで頂けるとかなり泣いて喜びます(T_T)


素敵タイトルと表紙絵は専属絵師様の『ひなたサン』に考えて頂き更に描いて頂きました!素敵!( ´艸`)

[リンク]←素敵表紙

挿絵/専属絵師様の『ひなたサン』に描いて頂きました♪


挿絵/P59『翔』[リンク]

[リンク]←専属絵師様の『ひなた様』

それでは始まりますよ!ドキドキ(≧∀≦)


素敵な読者イラスト、クラさんが描いてくれた彩萌サンタです(〃▽〃)
[リンク]

この作品のタグ

作品レビュー

茴香
茴香さん
【作品】ワケあり彼女と秘密の約束についてのレビュー

ネタバレ

今日から彼氏やります!の章まで読ませていただきました。

気になった点はあまりありませんでしたし、むしろ私の方が勉強させてもらいました!

情景描写がきちんとしていて、文字だけなのに頭の中にその光景が浮かび、読んでいてとても楽しかったです((* ´艸`))

ただ、句点が少ないかなとも思いました。
特に序盤の方は、ここで区切った方が読みやすいかなと思うところも。

誤字脱字、その他気になった点を列挙させていただきます。

p2そうバスケットボールに、まるでペットのように話しかけた……

→まるでペットに話しかけるように、の方が自然な感じが。

p4呟いてい来て

呟いてきてor呟いてきたなどの間違いかな?

p10 G線上のアリアがマリアになっている

p17 「本当のお姉ちゃんになって欲しいの!?」
ハテナよりは!のほうがいい。より強調される。

p25「葵は私を信じられないの!」
文末にハテナがあったほうが強調される。
彩萌の必死な感じが伝わりやすい。

p39 「怖い逢うの?」
逢うのが怖い?or怖い? 逢うのがの方が自然

p43 カートー →カート

p45 「イケメン言って……まさか」
イケメンって……まさか、にしたかったのかなと。
それかイケメンと言って……ですかね?


こちらが気になった点です。

全体的にとても読みやすい作品でした!

以上でレビューとさせていただきます。


本当に面白い作品だし、葵も彩萌もこれからどうなっていくのか楽しみです(*^_^*)!

ここから先は一読者として読ませていただきます(^ω^)♪

とても勉強になりました!!

もっと見る

2014/12/04 13:49
コメント(3)
9×9=81
9×9=81さん
【作品】ワケあり彼女と秘密の約束についてのレビュー

ネタバレ

おいおい、二人そろって初々しなぁ~!
このこの~! 

さて、おふざけはこの辺にして。

富豪少女と庶民少年の現代という場で語られる身分違いの恋。
恵まれまくった少女が唯一金銭で手に入れられなかった「恋愛」を知る世間への学習と、スポーツのみに身を投じる純粋な心を持ちつつも、だんだんと身分違いでも繋がっていたいと思い始める少年の、絡み合うようでかみ合わない歯車の恋物語。

初々しく無垢なのは二人一緒。そして二人三脚で己を成長していく様は、不器用だけどもつながりの強い恋人そのもの。

明るくポップなテンポで物語が進みますが、途中には叶いそうだけどももしかしたら失敗するかもしれない、現実的に過酷な試練が隠され、睦みあう二人にほのぼのしつつも、背後に忍び寄る不安に、ドキドキの顛末が待っている。

前に読んだ作品でもそうですが、☆煌月星★さんの作品には、甘いミルクチョコレートの中に、苦いビターチョコが隠れているような、二重の美味しさが隠れていると私は思います。

「このままラブラブっぷりを続けさせて!」
 
と読者を祈らせる展開にこれからも愛読させていただきます。


もっと見る

2014/05/13 20:07
コメント(1)

☆煌月星★さんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

この作品の参加イベント