このページのリンクアドレス

エブリスタ
シェアハウス物語(Share House Story)

小説 その他

シェアハウス物語(Share House Story)

けい

(3)

一軒の家。自分の家ではないはずのここが、自分の家となっていく。

完結

88ページ

更新:2017/05/09

説明

「無いし」

宇宙(そら)の視線は、そこからすぐそばにあったゴミ箱に向かった。

頭を三十度ほど傅(かしず)き、神妙な態度で目を伏せる。

その時この新参者の青年は、シェアハウスからの教育を受けたのだった。

今という暮らしの中で、ここに居ること、感じること。人と人との物語。





【みんなで作る特集】でタッくん様[リンク]の(応援)レビューがピックアップされ、エブリスタの公式ツイッターに掲載されました。ありがとうございます^^ (2017.07.02)

この作品のタグ

作品レビュー

タッくん
タッくんさん
【作品】シェアハウス物語(Share House Story)についてのレビュー

ネタバレ

(応援)

題材とされてるシェアハウスを私も経験してみたい! そんな感情が芽生えました。

学生寮の抽選に漏れてしまった宇宙のため息は、シェアハウスの住人と出会い色づいて行きます。国も年齢も性別も違う、個性豊かな住人達。
※特にムーカイとワンちゃんがお気に入り
それは、キラキラと輝くかけがえのない時間を与えてくれたと感じます。

そして、出会いがあれば別れもある。ルームメイトの退去や、反発し合った親との別れ。突然現れた仕事の闇に支配される人物の帰国。それらが繊細に表現され、胸を締め付けられました。それでも、ここでルームシェアをしたいと考えてしまうのは、作者様の暖かな手法が存分に伝わった証拠です。特にそう感じるのは、メアリーが雨に打たれているシーンから。全員の心が一つになって、必死にメアリーを介抱しようとするところは目頭を熱くさせます。そして、伏線となっていたシャミーの理由にも、『成程、繋がりがここにも』と声を出してしまいました。
※ちなみに、折り紙のところも好きですよ

世界は手を繋いでいると感じさせてくれる、温かくて笑いと感動を与えてくれる物語。

是非、多くの方に読んで体感して欲しい、世界は一つだと言いたくなるほどの優しさが詰まった作品です!

もっと見る

2017/06/15 13:22
コメント(3)

けいさんのその他の作品

作品を読んだ人におすすめ

この作品が入っているマイリスト

登録されているマイリストはありません

この作品の参加イベント