このページのリンクアドレス

エブリスタ

有栖川 露陰さん

公開作品数 ファン数 訪問人数
33 246 870

自己紹介

〝DerAuter〟

我が友、読者よ! 

君なくば、我はそも何ぞ!

感ずる所皆独り言に終わり

我が喜びも言葉を知らず。

~Johann.W.V.Goethe~

地域:福島県

興味:小説 コミック

作品一覧

有栖川 露陰さんからのコメント

有栖川 露陰
有栖川 露陰さん
[ 新しいコメント ]

『ナポレオンを鉄の檻に入れて連れて参ります(キリッ)』
(なおナポレオンに従う模様)

『あれはグルーシーだ!』(残念、プロシア軍でした)

百日天下死亡フラグ集でこんばんは!

映画『ワーテルロー』で好きな場面はグルーシー元帥が山盛りイチゴもしゃもしゃしながらジェラール将軍の意見却下してるとこです。

拙作『黎明のカイゼリン』製作にあたってはWikipediaの大陸軍の項目(初心者にはかなりありがたい内容です)とかナポレオニックなホームページやブログ(『祖国は危機にあり』様など)も参考にさせて頂いてますが、

海外の文献も読むことにしました。

メンアットアームズシリーズで邦訳されてない『ナポレオンの竜騎兵と槍騎兵』とか騎兵の資料が欲しいので。。。

名著と言われるチャンドラー『ナポレオン戦争』の邦訳なんて手に入らないので、洋書に慣れることが出来、力がついたら洋書で読みたいとも思います。

女性従軍酒保商人とか調べるにも洋書読まなきゃいけませんし。

英語は最近Wikipediaの英語版読むようになった程度で貧弱な英語力しかありませんが、なんとか頑張りたいと思ってます。

もっとナポレオン本が邦訳されれば嬉しいんですが、にわかボナパル党には試練が一杯です。

軍事史ビギナーなので、試行錯誤しながら何とか形になればいいな、と願いながら書いてます。

兵站や諸兵科の運用とか難しくて穴だらけだな、とは感じますが少しずつ学びながら、軍事史ビギナーの軍事系ファンタジー処女作としてちゃんと完成はさせたいと決意してます。

そういえば、最近トルストイ『戦争と平和』をチラッと立ち読みしましたが、トルストイは流石に元軍人さんだけあって軍隊描写がかなり参考になりますね!
ナポレオニックの方々から見た『戦争と平和』の軍事考証ってどんな評価なのか気になります。

トルストイの若い頃はまだナポレオン戦争のやりかた引き摺ってる頃だと思うので(クリミア戦争の指揮官ラグラン男爵とかウェリントンの副官でしたし)結構いい感じなんじゃないかと推測してますが。。。

『コサック』でも村に宿営するロシア軍の描写が出てきて、かなり参考になりました。

『紅グラ』は平常運転ですが、吉屋信子『花物語』で燃料注入して、ひよらず、とんがって和モダン幻想を描いていきたいと思います。
まだまだ描けてないあれやこれが山ほどありますし。

長い連載ですからどう新鮮にネタを提供していくか、の課題は一層真剣に向き合いながら。






もっと見る

2018/09/18 00:29
コメント
有栖川 露陰
有栖川 露陰さん
【作品】グランギニョール ~少女人形絢爛演武~についてのレビュー

ネタバレ

『夢見る者の御座は、今ぞいとゞ暗し
これを圍ふは四枚の板 
宛然柩に似たり』ヴィリエ・ド・リラダン

まだ序盤を読んだばかりですが、圧倒的スピード感で物語に引き込まれました。
この激烈な勢いで物語を紡ぐのは、とりもなおさず稀有な才覚の閃きであると思います。
冒頭からジェットコースターみたいに読ませる筆力は矢張りセンスや特性に属するものかな、と痛感しているので、天晴れ、やられた!と快哉を叫んでおります。

しかし、これだけのクオリティで物語を紡げるなら、まだまだとんがった設定、ギミック、その他もろもろ、突き抜ける力を作者様はお持ちのはずと思います。
十分に個性ある作品、優れた作品ですが、もっともっと高みを目指して突き抜けて欲しいな、と感じます。

かなり力を込めて多方面で展開されてる作品とお見受けしますゆえ、普通なら大喝采で〆のところですが、まだまだこれで終わらない力があると信じ、更に高く、更に前に、と一層の奮起を願います。

しかし、やっぱり、何をおいても、うつし世のまこととばかりに舞い踊る少女人形たちが非常に魅力的です。

人間以上に生きている、未來のイヴ達に万雷の喝采を!













もっと見る

2018/08/19 14:45
コメント

有栖川 露陰さんへのコメント

有栖川 露陰さんからのお知らせ

マイリスト

その他