このページのリンクアドレス

エブリスタ

ありすさん

公開作品数 ファン数 訪問人数
55 192 12544

自己紹介

いらっしゃいませ.+*:゚+。.☆

笑いありシリアスありイラストありの
ありすのワンダーなホームにようこそ☆

コメディ・ファンタジー・ミステリ・エッセイ
各カテゴリに作品がございます。
お気に召すものからお立ち寄りくださると嬉しいです(*´v`)

どれにも食指が動かなければ、とりあえず本人にお声をおかけください。面白い反応が見られるかもしれません(ΦωΦ)

*琴線に触れた作品にスターを投げてます。お礼返しのスターやコメント等のお気遣いは不要です(*^ω^*)

親愛なるNBAさん[リンク]から「淑姫」という素敵な字(あざな)をいただきました。
名前負け(ノ´∀`*)♪


§イラストにつきまして§

こちらからオマージュとして描かせていただくことはありますが、基本的に依頼やリクエストは受け付けておりません。
何卒ご了承くださいm(_ _)m

地域:東京都

作品一覧

ありすさんからのコメント

ありす
ありすさん
【作品】雨の日はについてのレビュー

雨だれがぽたり、ぽたりと
葉を伝ってゆっくり落ちてくるように
瑞々しい感情が水滴のようにページを伝って
文字を滴らせ、浮かばせて
読む人の胸に波紋を広げる──

『雨の日は』
この後に続く心情は、主人公も彼も、そして私たち読者としても、まったく異なってくるのでしょうが
総じて『雨』というものに集約されるのでは──などと思います。

誰かに、なにかに恋をする、という
切なく甘やかな想いが
雨というアンニュイで、センシティブな情景に溶け込んで

多くを語っているわけではないこの作品の行間が
私たちそれぞれの過去を呼び起こして、豊かに想像させてくれる。

大切な人からの短い手紙。
ささやかだけれど、嬉しい一言。
優しく閉ざされるような言葉。
こうした相手との些細なやりとりが、しとしとと降りやまぬ雨粒を連想させ、匂わせてくれます。

「雨が好きです。雨の日に出かけるのは、案外楽しいですよ」

その彼の言葉は、彼の心そのものを表してもいるようでした。
ここでいう雨は夕立のような激しいものではなく、空が泣くようなしっとりとしたものを指すのでしょう。

繊細な心を持つがばかりに、激しさを怖れ。
主人公のことも、決して拒んだのではなく、誰かを特別に想う激しさを怖れたゆえに取った行動だったのではないかと思えます。

これから迎える雨の季節。
是非とも多くの方に、このゆったりと流れる詩のような世界を楽しんでいただきたいです。

もっと見る

2018/05/25 19:08
コメント(4)

ありすさんへのコメント

ありすさんからのお知らせ

マイリスト

マイリストは登録されていません

その他