20 236

13分 (7,271文字)

あらすじ

魂を どこかに落として しまったの…… 東北地方に伝わるマヨヒガ伝説。 導かれるのも失うのも ヒトばかりとは限らない── 以前イラストであげた作品の内容を 童話仕立てにしました

キャラクター

タグは登録されていません

その他のキーワード

感想・レビュー 3

迷えや迷え。行き着く先は何処か

こんばんは(^ ^) お邪魔させていただきました。と言っても、読了からすでに日は経ち、ようやくレビュー、なのですが( ;∀;) さて、このレビューを書くにあたり、ざっとではありますが、再度読み直し、

幻影の城がここに立ち現れた。

旧くは多くの昭和の作家が、大乱歩が、幻想浪漫の詩を「新青年」などを舞台として謳いあげていた。時は流れ、合理の波にミステリーすら変わってしまったが、今なお古き良き旋律を愛する者達が、本格ミステリーなどで

内面を映す心の動き✨❗

自分の中の内面の恐れなのか… イラストの中の蛾と自我の我なのか… 相変わらず ありすさん✨の深い視領のなせる業✴️ イラストも綺麗で 水面に何を映すか?

この作品を含む作品リスト 1件

その他情報

公開日 2019/8/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る