流れども転ばず

それはまるで絵のように詩のように

6 193

1分 (104文字)
イラスト概要に載せた石川啄木の詩「沈める鐘」の現代語訳をしてみました。
あらすじ
タグ
目次 2エピソード
感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日:2018/12/23

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます
もっと見る